分配するメリット

地デジ化が進んだことでテレビは今まで以上に進化し続けています。アナログテレビに比べると、テレビの色彩も美しく目の負担も少なく済みます。字幕放送やリモコン操作で地域情報や天気予報、一週間のテレビ番組表なども見ることができます。そのためテレビはより日常生活に必要不可欠な物へと変わってきています。

そこで家の部屋のどこにいてもデジタル放送を楽しむためには、地デジアンテナから受信した電波をそれぞれ使用したい場所へと分配する必要があります。そのために活用するのが分配器です。

分配器がなければ、チューナー機能が内蔵されているレコーダー機器から分配していくという方法しかありません。もしくは直接テレビに接続するという方法になります。その場合、自宅のコンセント一か所だけにしかデジタル放送を受信できる場所がありません。一か所にすると電波が分割されることがないため、安定したテレビ受信ができる一方ほかのテレビでは地デジ放送を楽しむことができなくなります。分配機はいろんな場所で地デジ放送を楽しむことができることが一番のメリットです。以前から分配器を使用していた場合は、地デジアンテナの工事の際そのまま使用で来るのかどうか業者に確認してもらってから購入しましょう。

分配作業の内容

デジタル放送へ完全移行化にあたり、地デジアンテナの普及が一気に高まりました。今までのアンテナとは違いデジタル放送を受信するためのUHFアンテナが必要になりました。アンテナの取り付けは屋外で行われることが多いため、専門業者によって作業が進められることが多いです。

参照⇒⇒地デジアンテナの取り付けを行っている専門業者【棟梁ドットコム】

無事アンテナが取り付けられると同時にデジタル放送を楽しむことができますが、すべての部屋でデジタル放送を楽しむためには分配しなくてはいけません。

一つの受信元からテレビが必要な部屋の数分だけ電波を振り分けていく作業が必要です。そこで使用するのが分配器です。分配器はデジタル放送、BS放送、CS放送などそれぞれ異なる周波数のものでも一つにまとめて分割するというのが特徴です。そのため分割数が増えれば増えるほど一つの電波が弱くなるという仕組みになります。2分割以上になるとブロックノイズが発生するなど電波が安定しない可能性があります。そうならないためには、ブースターを使って受信レベルを高くするという方法があります。そうすることで強い電波を受けることが出来る為、分配した電波が弱くなりにくいです。そしてもう一つはレコーダーなどの機器に分配機能がついている場合は、分配先を減らすことが可能になります。なるべく分配先を少なくすることで、安定した電波を送ることができます。